チャットレディと出会える前提でライブチャットを使っている人

チャットレディにラインアドレスを聞いてくる男性の心理とは?

チャットレディを長くやっていると、男性ユーザーが直接の連絡先を聞いてきたりします。

パソコンのメールアドレスとかではなく、ラインのIDを教えてくれとか、携帯のアドレスを教えてほしいとかです。

当ページでは、私が今まで遭遇してきた出会い目的の男性ユーザーのエピソードと断り方や、返してはいけない返信などを紹介しているので、是非参考にしてください。

出会い系サイトと思ってライブチャットを使っている

チャットレディのサイトには、ほとんどのお客さんが女性との会話や、エッチなことを女性にしてもらいたいという男性客がほとんどですが、出会い目的の男性もいるのです。

マッチング系のサイトではなく、ライブチャットという名前が付いているのにもかかわらず、女性との出会いができるものだと思っている男性が少なからずいるのです。

チャットレディのサイトを出会い系サイトだと完全に思い違いをして参加している男性客が意外なほど多いです。

なので、チャットサイトのメールアドレスにライン交換してくださいとかメールを送ってきたりする男性もいますし、チャットが始まってすぐにライン交換してくださいとかいってくる男性も一定数います。

ですが男性ユーザーがすべて悪いというわけではなく、チャットサイトを紹介しているウェブサイトの紹介の仕方も悪いといわれています。

そういったウェブメディアというのはアフィリエイトという、紹介料をもらえるサイトなのですが、男性ユーザーを送り込むことによってお金を稼ぐことができるので、あることないこといって登録させようとするのです。

当然ですが、そういう宣伝されたサイトを目にした男性はこのサイトに登録すれば女性を入れ食いできるみたいに勘違いしてしまうのです。

以上のような流れがあるからこそ、出会い系サイトだと勘違いしてしまって、テレビ電話をかけていきなり、セックスしませんか?などと度肝を抜くようなことを聞いてしまったりするんです。

チャットレディサイトに流入してくる出会い目的の男性客が増えてしまう原因にはいろいろなものがあると思いますが、ほとんどがこういったウェブサイト経由が原因になっているといえるでしょう。

メルアドを教えてといってくる男性客

ここからは私が実際に体験したエピソードを紹介していきたいと思います。

チャットレディをやっている人ならば、一度は経験したことがあると思いますが、ぜひお読みください。

いきなり「彼女になってください!」といってくる

いきなり彼氏はいませんか?僕の彼氏になってくれませんか?などと唐突にいってくる男性客はかなりいます。

どんな男性がタイプですか?高身長ですか?高収入ですか?などとメールを送ってくる男性もいるので注意しましょう。

ライブチャットに現れる、こういったいきなり出会い目的を丸出しの男性が現れたら、うまく利用しましょう!チャット時間を延ばしたり、メールの回数を伸ばせば稼げるのですから♪

ライン交換してください!と聞いてくる人

チャットレディと出会えると本気で勘違いしている男性ユーザーが、一番送りがちなメールやチャットというのは、ライン交換してください、というものです。

ライブチャットサイトには、唐突にチャットレディに、ラインIDを添付したメールを送りつけてくる男性もいます。

チャットレディにラインや直アドなどの連絡先を聞いてくる男性というのは、男性側からしたらチャットやメールにもポイントを消費しないといけないので、メールで1通目に聞いてくる傾向があります。

1通目にいきなりお誘いのメールを送って、だめなら別の女性にメールを片っ端から送って、教えてくれない女性にはそこから音信不通になるというパターンが非常に多いので注意しましょう。

そういう男性は最初からチャットなんてする気がないので、あまり相手にしてもしょうがないので、次の男性がチャットしてくれるのを待っていた方がお得ですね♪

チャットレディをやっている女性とどうしても出会おうとするライブチャットのユーザーというのはあとをたちません。

私がチャットレディをしているときに、こういったメールを送ってくる男性がいたときは、3,4通くらい引き延ばしてから断っていますが、うまいチャットレディになると、そこからどんどん会話を広げていって、何十通もメールをすることもできるようです。

あそこを見せれば好かれると思っている客

自分のペニスが自慢で、これを女性に見せさせすれば、必ずものにできると思っている男性は意外なほど多いです。

「俺のちんちん見て!マグナムっていわれてるよ!」なんていきなりいってくる男性もいますが、女性の皆さんはわかると思いますが、男性の股間の大きさなんて1ミリも気にしていません。男性は本気でアピールできると思っている節があります。

でかい男性器を見せつけさえすれば、女性が好きになってくれるかもしれないと本気で思っている男性がいるのも笑えますよねw。

いきなり男性器を見せつけられても、ただただどん引きするしかありませんが、チャットレディとして稼ぐには、こういった変態な客にもうまく対処して、チャット時間を延ばしたりしてずるがしこく稼いでいきましょう♪

会えることを確信しているかのような人

チャットレディをしていて、いきなり股間画像を送りつけてくる男性がいたかと思えば、リピートしてくれる男性でも、もうすでに会えることが決まっているかのようなチャットをしてくる男性もいます。

こういった男性のテクニックを逆手にとって、うまく転がしていくのが本当のチャットレディだと思いますが、こういう裏工作みたいなのが嫌いな女性ももちろんいるでしょう。

男性を上手に手のひらの上で転がしていけば、うまく稼いでいけますが、男性を転がすことが心理的に抵抗感がある女性もいると思いますから、それはひとそれぞれだと思います。苦手な人は稼げるからといってやる必要もないと思います。

ホテルで会いたがるお客さん

アダルトチャットというのは、本来は2ショットで見せてあげるものですが、中にはずるがしこい男性もいて、自分だけにセルフ動画を撮影して送ってくれなどとメールを送ってくる男性もいるのです。

たとえば、そういう要求をしてくる男性に、自撮りのアダルト動画を送ったとしても、満足して、テレビ電話を次からやってくれるかと思いきや、もっと要求してくるようになるので、最初から相手にしない方がいいと思います。

チャットレディをやっている女性は慈善行為でやっているわけではありませねんから、対価をもらって当然なのです。

セックスが前提になっている男性客

チャットサイトで、出会いを目的に使っている男性というのは、チャットをするとお金がかかることをしっているので、メールでなるべくことを済まそうとします。

チャットサイトでなぜ出会いが実現出来ると思っているのか甚だわかりませんが、もう完全にチャットサイトは女性と出会えるものだと勘違いしているので、なにをいっても聞きません。

日本には有名な出会い系サイトやマッチングアプリがいくらでもあるのに、チャットレディと出会おうとしているのは、勘違いしているからに他ならないのです。

チャットレディがやると危険な行為とは?

ここからは、ライブチャットサイトにおいてチャットレディが、男性客に対してやってはいけないことを紹介していきたいと思います。

気軽な気持ちでやってしまうと、危険な目にあうこともあるので、初心者でもベテランでもやめておきましょう。

リアル世界であってしまうこと

男性ユーザーとリアル世界であったことがあるチャットレディのエピソードをたまに目にしますが、正直危ないと思います。

実際の世界で男性ユーザーとあってしまったら、ネット世界で実際に会わなくてもいい危険なことをしなくてもいい副業だったのにもかかわらず、その最大のメリットが生かせませんよね。

チャットレディとお客さんという立場でいろいろな会話をしていくうちに仲良くなって打ち解け合うのはわからないでもありませんが、実際に会うのとそれとは違うと思います。

ライン交換などはしてはいけない

直接連絡先を交換してもライブチャットサイトを介さないと報酬にもなりませんからチャットレディとしてのメリットは一つもありませんので、連絡先は交換しないことに越したことはありません。

男性ユーザーにしつこくせがまれて適当な連絡先を交換しても、恨みを買うだけですし、そもそもチャットサイトは個人的な連絡先の交換を禁止しているので規約違反になります。

無意味に伸ばしたりしない

直アド交換などの連絡先交換はもちろんしてはいけませんが、こうやってあたかも会えるかのように引き延ばすのもやめておいた方がいいでしょう。

こういったテクニックを使えば、できる限りリピートしてくれて、たくさん稼げるかもしれませんが、会えないとわかった男性の気持ちを考えると後味が悪くなるといえるでしょう。

最近聞いたエピソードとしては、今はコロナの最中で絶好の引き延ばし動機があるので、コロナが終わったら会おうといっている女性がいました。

こういうことをいってうまいこと引き延ばしたとしても、女性はさらさら最初から会う気なんてない訳なので、男性をもてあそんでいるだけなので、法律違反ではありませんが、道徳的にどうかと思います。

男性も女性との会話を楽しみにして報酬を払っている訳なのですから、チャットレディの優位性を使って、男性の下心をもてあそぶのはよろしいとはいえないでしょう。

連絡先を聞いてくる男性客の回避方法とは

直接的なラインとかスマホのキャリアメールアドレスなどを聞いてくる男性客はどうやってことわったらいいのでしょうか。以下に紹介していますので、是非参考にしてみてください。

私が日々、チャットレディをしていて、直アドなどを聞いてくる客に対して行っている回避方法を紹介しています。

スタッフになにかいわれるという回避方法

チャットレディはそもそも出会いの存在ではないのに、そんな女性に対して連絡先を聞いてくる男性には適当ないいわけをつけて断っておくのがベストです。

男性客も、チャットレディにお誘いのメールを送るのにもポイントを消費しているので、最初に断りのメールがきたら、ポイントをケチってそれ以上はアタックしてきません。

規約違反で禁止されてるからといういいわけ

直接的なスマホのアドレスやラインのIDなどは、ライブチャットの規約違反であり、禁止事項です。ライブチャットサイトによってはばれたら退会させられるところもあります。

チャットサイトや代理店などの第三者のせいにする

ここまでに紹介した連絡先を聞いてくる男性への断り方というのは、チャットサイトなどのせいにできているということが最大のミソです。

チャトレをやっている女性が自分で断っていると言うことがばれなければ、男性客からも非難されることなく穏便に断ることができて、メリットが多いです。

連絡先は絶対に交換してはいけません!

ライブチャットサイトの男性ユーザーは、チャットレディにライン交換などを持ちかけてくることがよくありますが、絶対に教えてはいけません。

チャットレディをやっている女性も、いきなりお客さんが連絡先を教えてくれ!といってきたら、どう考えても教えることはないかもしれませんが、リピートしてくれる仲吉さんが教えてくれといってきたら、つい優しい心がでて教えてしまう可能性もあります。

ですが、チャットサイト以外の場所で男性客といくらやりとりをしてもお金が発生することはないので、正直言ってもったいないです!

ライブチャットでチャットレディとして稼働している女性の中で実際に直接ラインIDを交換して、リアル世界であってきたという話をたまに見聞きしますが、すべての人が善良な市民とも限りませんので、うかつにあわないことが最善手だと思います。

どんな意図をもって近づいてくる男性がいるのかわかりません。

直接アドレスやラインIDなどを交換して、実際にあってしまったとして、名前や住所や家族構成などの個人情報を知られてしまったら、弱みを握られたことになるのです。

チャットレディのお仕事というのはそもそも、そういう危険性がないという特徴が最大のメリットなのにもかかわらず、自分から自分の情報を公開してしまうことになるのです。

また、一人のチャットレディがそうやって、男性客と気軽にあったりしてしまうと、他のチャットレディにも被害が及びます。

一人のチャットレディがそういった行為をすることにより、あの子はアドレス交換してくれたのに、なんでしてくれないの?という風になってしまいます。

チャットレディとしての仕事がやりづらくなるだけではなく、結果的に稼ぎにくくもなってきます。チャットレディはルールを守ることが全体にとっても大切なのです!

まだチャットレディをやったことがない人は、とくにチャットレディのルールなどはしっかりまもって、安心安全に稼ぎ続けましょう♪

連作先を教えて教えてとしつこいときはブロックする

連絡先を何度もしつこく聞いてくる男性はブロック機能を使いましょう!

チャットレディにお金を払って、ポイントを消費してくれるお客さんなら百歩譲ってまだわかりますが、いきなり連絡先を教えろと何度も行ってくる男性客はブロックするに限ります。

もしチャットレディが直接アドレスやラインIDなどを教えてしまえば、男性客はここぞとばかりに、チャットサイトを使わずに、あなたに直接メールを送ってくることでしょう。

チャットレディの女性の連絡先を手に入れた男性は、ただで連絡がとれるので、もうけもんですが、チャットレディ側には直接男性とやりとりを何十回と重ねたとしても一銭も稼げませんので時間の無駄になってしまいます。

チャットサイト外でいくら男性客とやりとりをしても、チャットサイトからお金が支払われるわけではありませんので全くもってもったいないです。

女性が連絡先の交換をするのはもちろんさんざんこれまでも述べてきたとおり、どんな男性がどんな意図を持って近寄ってくるかわからないので、危険な行為ですが、それと同等にその男性とやりとりをした分の時給がなくなってしまうという時間のもったいなさにも気づくべきです。

そもそも、チャットサイトというのは男性ユーザーがいくらでもいるので、その男性が連絡先をきいてきたからといって、ブロックしても、いくらでも自分とチャットしたいといってくれる男性はいるので、ためらう必要もありません。

そもそもチャットレディサイトというのは出会いのサイトではありません。そういう勘違いをしてアドレスなどを聞いてくる不躾な男性客はさっさとブロックして、お金をたくさん落としてくれる大切な男性ユーザーを相手にするべきです!